Image 1

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Image 2

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Image 3

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Image 4

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Image 5

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

青汁の粒タイプと粉末タイプの差

青汁には大きく分けて粒タイプと粉末タイプの2種類が存在します。どちらのタイプも国産の質の良いケールが100%使われており、効果自体はそれほど大きな違いがありません。

 

しかし飲みやすさや利便性などはタイプによって差があるため、自分の体質やスタイルに合ったものを選ぶことが長く続けるコツです。

粒タイプは飲みやすさがピカイチ

粒タイプは粉末タイプと比べ、飲みやすさが特徴です。粉末タイプの青汁はいくら溶かしても時間の経過と共に容器の底へと溜まってしまいます。お湯で溶かしてもあまり有効ではありません。わざわざ底に溜まった粉末をスプーンですくって飲んでいる方も多いようです。

 

粒タイプならそのように面倒な飲み方をする必要がありません。水やお湯と一緒に飲み込むだけで、青汁に含まれる栄養素をまるごと摂取することができてしまいます。最近では錠剤のサイズも限りなく小さくなっており、粒を飲むのが苦手という方でも心配ありません。ケールが粒の中に凝縮されているため、誤って噛んでしまうと苦味を感じる恐れがありますが、小さい錠剤なのでそのリスクもほとんどなく安全です。

飲み込むだけだから摂取の時間が少ない

粉末タイプの青汁は水やお湯に溶かさなければ飲めないので、飲み始めるまでに時間を要します。慣れてくれば短時間で作ることも可能ですが、最初のうちは時間が掛かってしまうことでしょう。特に朝の忙しい時間帯に青汁を作るとなると、何かとストレスが溜まります。最終的には面倒になって飲むのをやめてしまう方もいるでしょう。

 

しかし粒タイプは溶かす必要がなく、水かお湯を用意するだけで簡単に青汁の栄養素が摂取できます。朝の忙しい時間帯でもさっと飲み込むだけでいいので、生活に支障をきたす恐れがありません。そのため、毎日続けるには打ってつけと言えます。一度習慣化してしまえば、毎日歯を磨くことやお風呂に入ることのように、青汁の粒タイプを飲むことが日課となり、長く続けることができるはずです。

持ち運びやすくどこでも食べられる

粒タイプの大きなメリットは錠剤の小ささです。複数の粒を携帯して持ち運ぶことが容易なので、旅行先や出張先でも普段と同じように青汁の栄養を摂取することが可能です。また、食事が体質と合わないことの多い海外へ足を運んだ際にも、粒タイプの青汁を持っていけば簡単に体調管理を行うことができます。

 

粉末タイプも袋に入っているので持ち運びはできますが、溶かすための水かお湯に加えてコップや容器が必要となるため、どこでも好きなタイミングで飲むということは難しいでしょう。そういう意味では粒タイプの方が利便性が高いと言えます。また、近頃は水と一緒に飲み込まなくても問題のない錠剤も販売されるようになったため、水を持っていない時でも飲むことができるようになりました。

粒タイプは栄養面のみを追求しやすい

青汁の粒タイプは純粋に栄養面のみを追求して作られています。そのため、ビタミン類をダイレクトに体内へ届けることができます。粉末タイプは水に溶かす段階でビタミンの一部が破壊されてしまうことがわかっており、青汁の栄養すべてを体内へ送ることはできません。また、ビタミン以外でもお湯の熱により栄養素が消えてしまい完全に摂取できない状態となることも少なくありません。

 

一方で粒タイプは表面にコーティングが施されているため、ビタミンなどの栄養が壊れる心配がなく、青汁の成分を余すことなく摂取することができます。青汁は毎日飲むものなので、少しずつ栄養素の摂取量で差が出てくるはずです。より多くの栄養を摂取したい場合は粒タイプがおすすめです。

粉末のように味を気にする心配なし

粉末タイプの青汁は、主成分であるケールの独特な青臭さや匂いが気になる場合があります。最近主流の青汁はだいぶ抑えられているものが多いですが、それでも飲みにくいと感じる方はいるでしょう。抹茶や緑茶風味の青汁は通常のものと比べて苦味が少ないですが、慣れるまではスムーズに飲むことができない方も多いです。

 

粒タイプなら味や匂いが一切しないので、それらの不安要素を抱くことなく水やお湯で一気に飲み込むことができます。粉末タイプは飲み終わった後に口の中に風味が残る場合がありますが、粒タイプにはそのような心配がありません。青汁を飲みたいものの、苦味や匂いが気になって手を出せなかった方には粒タイプが最適と言えるでしょう。

価格は少し高めなものが多い

青汁は粉末タイプと粒タイプでそれぞれ価格設定が異なります。粉末タイプだと1,000円前後で売られているものが多いですが、粒タイプは2,000~3,000円が主流のようです。高濃度の栄養素を凝縮して作られているため、自然と価格も上がってしまうようです。ただ、粉末タイプと比べて飲むのが簡単で、利便性も高いので価格に見合った内容であることは間違いないでしょう。

 

また、錠剤の場合はケールや大麦若葉以外にビタミン等の栄養素が豊富に配合されていることが多いため、体調管理に大きな役割を果たしてくれるはずです。初回購入時や定期コースに申し込んだ場合などに価格がお得になるキャンペーンが実施されているケースも多いので、購入時にチェックすることを推奨します。

吸収率は粉末タイプに劣る

粒タイプの青汁は粉末タイプに比べ、吸収率が低いと言われています。その理由としては、粉末タイプは飲む際に必ず飲料水になるからです。液体は固体に比べ、胃の中での吸収が早い作用があり、粒タイプよりも短時間で体内に浸透します。病院などで薬を処方される際、早く効果を出したい時ほど液体や粉末状のものが出されるケースが多いです。これは錠剤よりも吸収のスピードが速いことを現しています。

 

このことは青汁にも当てはまります。できるだけ早く体に栄養を吸収させたい場合は、粒タイプよりも粉末タイプの方が適していると言えるでしょう。その一方で飲みやすさや利便性は粒タイプに軍配が上がるため、吸収率を取るか飲みやすさを取るかで選ぶと良いでしょう。

サプリなので満腹感はあまり得られない

粒タイプはサプリメントなので、飲んだからといって満腹感を得ることは難しいです。粉末タイプであれば水に溶かして飲むため、コップ1杯でもある程度はお腹が膨れます。そのため、小腹が空いた時などに役立つでしょう。

 

一方で粒タイプは1~2粒飲んでも摂取カロリーは微々たるものなので、お腹が膨れることはほとんどありません。あくまで栄養補助食品として考えるべきです。通常の食事に加えて、青汁の錠剤を飲むことで効率良く栄養を摂取することができるのです。ダイエットをしているからといって錠剤だけを飲む食生活はリスクが高く、あまりおすすめできません。きちんとした食事を取った上で、食後などに粒タイプを飲むことが望まれます。

他のものと混ぜてアレンジすることができない

粒タイプの青汁は他の食べ物に混ぜてアレンジする楽しみはありません。あくまで水かお湯と一緒に流し込むだけなので、味気ない部分はあります。粉末タイプは水やお湯に溶かして飲む以外に、牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜることで普段とは違う風味を楽しむことができます。甘さにより青臭さや苦味が緩和され、飲みやすくなるメリットもあります。

 

また、牛乳や豆乳に含まれるカルシウムや、ヨーグルトに含まれる食物繊維などを青汁の栄養素と同時に摂取することができるので、自分の体に必要な栄養を一気に摂り入れたい方におすすめのアレンジ方法です。ただ粒タイプはアレンジしなくても苦味や匂いがなく、簡単に飲み込むことができるので、それほどデメリットと捉える必要はないでしょう。

用法用量は正しく守らないと逆効果になることも

青汁は用法用量を守らなければ逆効果となってしまうこともあります。粉末タイプであれば水分と一緒に摂取するため、過剰摂取をする心配はあまりないでしょう。しかし粒タイプはお腹が膨れないため、多量に飲んでしまいがちです。用法用量を無視して過剰摂取してしまうと、食物繊維の摂りすぎにより下痢や腹痛、吐き気など消化器系の問題が発生しやすくなります。

 

また、食物繊維を過剰摂取すると体に必要な分のミネラルやタンパク質まで体外へ排出してしまう恐れがあり、ミネラル欠乏症を引き起こすリスクがあります。青汁は栄養素が高いからといって多量に摂取すると体に悪影響をもたらします。必ず用法用量を正しく守って摂取するようにしましょう。