はじめての陶芸教室体験

友達の影響で、陶芸教室に行ってきた。
と言っても一日体験教室なので、用意された土を使ってろくろの上で形を作り、仕上げは先生にしてもらうという簡易的なもの。

きっと陶芸の大変な部分はひとつもやっていないんだろうなぁ。

でも、集中して土に向き合って、理想の形に近づけるために手を動かすのは、とても楽しかった。
土の手触りや、形作るときの繊細な加減、気を抜くとすぐに乾いてしまう気難しさ。

大変だけど、なんとも言えない心地よさで、陶芸にはまる人が多いのがわかる気がした。

始める前に自分で書いたイメージ図とはちょっぴり違っていたけど、その不恰好さも愛らしく感じてしまった。

今度は土の準備や、色付、焼きの作業もしてみたいな。

Categories: nocategory