つくしの料理法と栄養分

春が来て暖かくなってくると、つくしがたくさん生えてきます。子どもに進められて、今年は初めてつくし料理に挑戦してみました。
作り方は、まず袴を取り除きますが、これが結構手間がかかり大変です。

それから茹でてアクを抜き、おひたしにしたり、天ぷらにしたり、醤油で炒めたりしていただきます。なかなか美味しいです。

天ぷらが一番お勧めです。
つくしの栄養分は、カリウムや鉄などがあり、そのほかにビタミンE,パントテン酸、食物繊維などが含まれています。ただ、アクを抜くので栄養分が減ってしまいます。

調理すると量もかなり減ります。つくしはいくらでも生えていますので、たくさん取ってきてたくさん食べたいものです。

昔の人はつくしをたくさん食べていたのでしょう。

Categories: nocategory